長生村本郷Engineers'Blog

千葉県長生村本郷育ちのエンジニアが書いているブログ

Vagrant + Chef ⇒ LAMP環境構築

f:id:kenzo0107:20140530224409p:plain

目的

Vagrant と Chef を利用して LAMP環境をローカルの仮想環境で実現する

経緯

同一サーバ上で作業している場合に
MySQLのバージョンアップしてパフォーマンステストしたりしたいなぁ
でも、他のみんなに迷惑かかっちゃうよ or サーバ買ってもらえないし、
というときなんかに
ローカル環境で試せるね

ってことで導入しました。

環境

前提

以下がインストールされていること

↑ 最下の「あとがき」にあるドットインストールで導入手順を参考にしました。


1. knife-solo初期化

$ knife configure

色々尋ねられますが、基本、[Enter]連打で問題ありません。


2. BOX追加

BOXとは、仮想マシン起動の際にベースとなるイメージファイルです。

centos64 という名前でboxを追加します。

$ vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-i386-v20131103.box


※利用しているサーバ環境と合わせたい場合は、
お使いのサーバにログインして以下実行で環境情報を調べるのが良いでしょう。

$ uname -a

boxは以下からURLを選べます。
A list of base boxes for Vagrant - Vagrantbox.es


3. 仮想環境 初期化

$ mkdir [vagrant用ディレクトリ]
$ cd  [vagrant用ディレクトリ]
$ vagrant init centos64

成功するとVagrantfileができているのがわかります。

$ ls
$ Vagrantfile

4. Vagrantfile修正

private networkの設定をして
ローカル環境からアクセス出来る様にします。

MacOSVirtualBox
へのアクセスです。

以下のようにコメントアウトを外すのみ!

#config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

5. 仮想環境 起動

Vagrantfileのあるパスで以下実行

$ vagrant up

以下実行で「running(virtualbox)」を実行すると、起動中であることを確認できる。

$ vagrant status
Current machine states:

default                   running (virtualbox)

The VM is running. To stop this VM, you can run `vagrant halt` to
shut it down forcefully, or you can run `vagrant suspend` to simply
suspend the virtual machine. In either case, to restart it again,
simply run `vagrant up`.


以下実行でログイン

$ vagrant ssh

ログインした後、ログアウトしたい場合に以下実行

$ exit

6. sshエイリアス作成

$ vagrant ssh-config --host [sshエイリアス] >> ~/.ssh/config

以下実行でアクセスできる。

$ ssh [sshエイリアス]

また、以下実行でsshのconfigに書き込まれていることを確認できる。

$ cat ~/.ssh/config

7. Chefリポジトリ作成

以下のような構成が管理しやすいかなと思いますので、
以下のように作ります。
|
+--- [vagrant用ディレクトリ]
|
+--- [chef-repo]

[vagrant用ディレクトリ]の1つ上の階層に移動しておいて
以下実行

$ knife solo init [Chefのリポジトリ名]

8. 仮想マシンをchef対応させる

$ cd [Chefのリポジトリ名]
$ knife solo prepare [sshエイリアス]

9. cookbook作成

$ knife cookbook create [cookbook名] -o site_cookbooks/

10. cookbookに構築する環境の設定記述

$ vim [Chefのリポジトリ名]/[cookbook名]/recipe/default.rb

11. 実行recipe指定

$ vim [Chefのリポジトリ名]/nodes/[sshエイリアス名].json
{
    "run_list": [
          "recipe[[cookbook名]]"
     ]
}

12. テンプレートを作成

$ vim [Chefリポジトリ名]\[cookbookの名前]\template\default\index.html.erb

index.html.erbの中身は自由に編集してください。

例として

<h1>Hello, World</h1>

13. cookbookをvagrant仮想環境へ反映

$ knife solo cook [sshエイリアス名]

13. 設定した仮想環境のWebサーバへアクセスする

ブラウザで
http://192.168.33.10
へアクセス

ブラウザに以下が表示されることを確認!

Hello, World


また、仮想環境にアクセスすると以下ファイルができていることを確認できるので
試してみてください。

$ vagrant ssh
$ cd /var/www/html/
$ ls

index.html

あとがき

ドットインストールで以下さらっておくととっつきやすいです。
Vagrant入門 (全13回) - プログラミングならドットインストール
Chef入門 (全14回) - プログラミングならドットインストール











Vagrant入門ガイド

Vagrant入門ガイド

実践 Vagrant

実践 Vagrant