長生村本郷Engineers'Blog

千葉県長生村本郷育ちのエンジニアが書いているブログ

robots.txtを配置してsitemap.xmlを読み込ませSEO効率を上げる

概要

SEO対応としてリリース時にやっておきたいことの1つです。
検索エンジンクローラーに読み込ませたいファイルを指定することで
SEO効率を上げます。

前提

サイトリリース可能な状態にある、
または、リリース可能にほぼほぼ近い状態にあること。

リリース直前・直後くらいに実施する作業という認識です。

各ファイルの概要

robots.txt

robots.txt とは、goo、GoogleLycos などのロボット型検索エンジンに対する命令を記述するためのファイルです。

sitemap.xml

sitemap.xmlXML形式でURLやタイトルなどの各ページの情報を記載したファイルです。

手順

sitemap.xml作成

以下sitemap generatorで作成可能です。tafcue.com

※不必要なURLがある場合は削除したり、追加したいURLは自分で編集する必要があります。

例) 詳細ページが様々なURLで表示している場合

検索エンジンにとって1つのコンテンツに対してユニークなURLとなることが望ましいです。

以下いずれも同一ページ内容となる場合、1つのページが様々なURL表記となり、よろしくないです。
http://hogehoge.com/products/detail.php?product_id=100
http://hogehoge.com/products/detail.php?product_id=100&name=ProductName
http://hogehoge.com/products/detail.php?product_id=100&category_id=10

上記のような場合があるときは1つに絞ってください。

ドキュメントルートにsitemap.xmlを配置します。
/path/to/DocumentRoot/sitemap.xml
ドキュメントルートに以下のように記載したrobots.txtを配置します。
/path/to/DocumentRoot/robots.txt

gist.github.com


以上で検索エンジンクローラーにsitemap.xmlを読み込ませるように設定ができました。

確認方法

GoogleWebMaster Toolで設定状況を確認することができます。www.google.com

※登録無料です。


以上





ネットショップSEO 2014

ネットショップSEO 2014

検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド ソーシャルメディア時代の内部対策&外部対策

検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド ソーシャルメディア時代の内部対策&外部対策

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

Google Analyticsで集客・売上をアップする方法

Google Analyticsで集客・売上をアップする方法