読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長生村本郷Engineers'Blog

千葉県長生村本郷育ちのエンジニアが書いているブログ

Kibana4 インストール on CentOS7

Kibana CentOS

前提

  • Nginx インストール済み

環境

  • CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)
  • Nginx 1.9.3
  • Kibana 4.1.1

Kibana インストール

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget https://download.elastic.co/kibana/kibana/kibana-4.1.1-linux-x64.tar.gz
$ sudo tar xvzf kibana-4.1.1-linux-x64.tar.gz

Kibana 設定ファイル修正

$ vi /usr/local/src/kibana-4.1.1-linux-x64/config/kibana.yml
  • host指定

デフォルトでは 0.0.0.0 となっています。 今回は同サーバに構築するので localhost とし保存します。

- host: "0.0.0.0"
+ host: "localhost"

上記の設定により、kibanaがlocalhostにアクセスできるようになります。

Kibana 実行パス作成

$ sudo mkdir -p /opt/kibana
$ sudo cp -R /usr/local/src/kibana-4.1.1-linux-x64/* /opt/kibana/

上記設定により以下コマンドでkibana実行可能になります。

/opt/kibana/bin/kibana

上記でも十分ですが、再起動した際にはkibanaは停止してしまいます。 なので、起動スクリプトを作成し、サービス登録します。

起動スクリプト作成

$ sudo vi /etc/systemd/system/kibana4.service
  • kibana4.service
[Service]
ExecStart=/opt/kibana/bin/kibana
Restart=always
StandardOutput=syslog
StandardError=syslog
SyslogIdentifier=kibana4
User=root
Group=root
Environment=NODE_ENV=production

[Install]
WantedBy=multi-user.target

上記保存します。

起動/サービス登録

$ sudo systemctl start kibana4
$ sudo systemctl enable kibana4

Nginx インストール

以下参考にしてください。

kenzo0107.hatenablog.com

Nginx設定ファイル修正

リーバスプロキシでKibana4用ポート(5601)へ向ける。

$ sudo vi /etc/nginx/conf.d/default.conf
server {
    listen       80;
    server_name  ec2-xx-xx-xxx-xxx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com;

    auth_basic "Restricted Access";
    auth_basic_user_file /etc/nginx/htpasswd.users;

    location / {
        proxy_pass http://localhost:5601;
        proxy_http_version 1.1;
        proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
        proxy_set_header Connection 'upgrade';
        proxy_set_header Host $host;
        proxy_cache_bypass $http_upgrade;
    }

}

以上設定保存後、Nginx再起動

$ sudo systemctl restart nginx

アクセスして確認

以下のように表示されれば問題ありません。

f:id:kenzo0107:20150820233520p:plain

以上

参考記事

http://enakai00.hatenablog.com/entry/20130917/1379374797

起動スクリプトについて 各項目説明

[Unit] について
オプション 説明
Description Unitの説明文
Documentation ドキュメントのURI
Requires このUnitが必要とする前提Unit
Wants このUnitが必要とする前提Unit
After このUnitより先に起動するべきUnit
Before このUnitより後に起動するべきUnit
[Install] について
オプション 説明
WantedBy enable時にこのUnitの.wantsディレクトリにリンク作成
RequiredBy enable時にこのUnitの.requiredディレクトリにリンク作成
Also enable/disable時に同時にenable/disableするUnit
Alias enable時にこのUnitの別名を用意

↓この本とってもお世話になりました♪