長生村本郷Engineers'Blog

千葉県長生村本郷育ちのエンジニアが書いているブログ

Ansible+Vagrant でシンプルなPrometheusモニタリング環境構築

概要

Prometheus入門 にあるチュートリアルを Ansibleで簡単に構築できるようにした、 というものです。

先日2016年6月14日、 LINE株式会社でのPrometheus Casual Talks #1に参加し ナレッジのおさらいなどしたく、 構築法をまとめました。

Prometheusとは

最近話題のPull型のQuery Filtering可能で Grafana等と連携できる モニタリング/Alertツールです。

構成

Imgur

  • Prometheus Server × 1
  • Prometheus Client × 2

環境

  • CentOS 6.5
  • Prometheus Server 0.20.0
  • Supervisor 3.3.0
  • Go 1.6.2
  • Ansibl 2.1.0.0
  • Vagrant 1.8.1
  • MacOSX 10.11.5

前提条件

以下ツールをインストールしておいてください。

使い方

1. git repository を clone

https://github.com/kenzo0107/Vagrant-Prometheus

$ git clone https://github.com/kenzo0107/Vagrant-Prometheus

2. Vagrant VM 起動

$ cd Vagrant-Prometheus
$ vagrant up

3 node running !

  • 1 node: Prometheus Server
    • 192.168.11.30
  • other 2 nodes: Prometheus Client Server
    • 192.168.33.31
    • 192.168.33.32

3. ssh.config 追加

$ vagrant ssh-config > ssh.config

4. ping 疎通試験

$ ansible default -m ping

server | SUCCESS => {
    "changed": false,
    "ping": "pong"
}
client1 | SUCCESS => {
    "changed": false,
    "ping": "pong"
}
client2 | SUCCESS => {
    "changed": false,
    "ping": "pong"
}

ok, success.

5. 2node に PrometheusClient 設定

$ ansible-playbook set_clients_prometheus.yml

6. PrometheusClient の起動確認

以下PrometheusClientを起動しているサーバにアクセスし 起動されているか確認します。

以下のように表示されれば成功です。

7. PrometheusServer 設定

$ ansible-playbook set_server_prometheus.yml

8. PrometheusServer 確認

http://192.168.33.30:9090 にアクセス

以下のように表示されれば成功です。

是非多少なりとも一助となれば何よりです! いじくり倒してみてください!

以上