長生村本郷Engineers'Blog

千葉県長生村本郷育ちのエンジニアが書いているブログ

ecs-cli バージョン指定してインストール

完全な備忘録です。

経緯

6月に入って数日、
ecs-cli の latest をインストールすると latest が 1.6.0 となり
ecs-cli compose ... を実行すると以下のようなエラーが出るようになりました。

level=error msg="Unable to open ECS Compose Project" error="Volume driver is not supported"

1.4.0 では問題なかったタスク定義でしたが
1.6.0 では Volume driver is not supported となったそうで処理がこけるようになりました。

その対応として 1.4.0 にバージョン固定した設定です。

結論

latest の部分を <version> に変更することで指定のバージョンでインストールが可能です。

curl -s https://s3.amazonaws.com/amazon-ecs-cli/ecs-cli-linux-amd64-v1.6.0 -o /usr/bin/ecs-cli && chmod +x /usr/bin/ecs-cli
curl -s https://s3.amazonaws.com/amazon-ecs-cli/ecs-cli-darwin-amd64-v1.6.0 -o /usr/bin/ecs-cli && chmod +x /usr/bin/ecs-cli

AWS Documentation では

最新の ecs-cli のみの説明の為、若干ハマりました。

docs.aws.amazon.com

GitHub には Download specific version とあるのでこちらの情報を追っておくと良かったです。

github.com

以上 本当に備忘録でした。

AWSによるサーバーレスアーキテクチャ

AWSによるサーバーレスアーキテクチャ