読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長生村本郷Engineers'Blog

千葉県長生村本郷育ちのエンジニアが書いているブログ

Go言語 開発整備 on MacOSX

Golang

環境

概要

2015-08-01時点

IntelliJでgo開発を検討していましたが Go言語Ver 1.4 をサポートしていなかったので EclipseGoClipse を入れて補間機能等を整備します。

Go インストール

$ brew install go
brewをインストールしていない場合は以下参照

kenzo0107.hatenablog.com

Go バージョン確認

$ go version
go version go1.4.2 darwin/amd64

環境変数設定

個人的には ~/.zshrc 利用していますが、ない場合は ~/.bash_profile などに以下を追記してください。

# go
if [ -x "`which go`" ]; then
  export GOPATH=$HOME/go
  export PATH=$PATH:$GOPATH/bin
fi

ちなみに -x は実行可能か判定しています。 すなわち「if [ -x "which go"]」 は which go というコマンドが実行できるかを判定しています。

現状ローカル環境で which go と入力すると 以下のようになります。

$ which go
/usr/local/bin/go
GOPATH
  • Workspaceになります。プロジェクトはこちらに作っていくことになります。
  • go install, go get した際の保存場所になります。

go 環境情報確認

$ go env

GOARCH="amd64"
GOBIN=""
GOCHAR="6"
GOEXE=""
GOHOSTARCH="amd64"
GOHOSTOS="darwin"
GOOS="darwin"
GOPATH="/Users/kenzo/go"
GORACE=""
GOROOT="/usr/local/Cellar/go/1.4.2/libexec"
GOTOOLDIR="/usr/local/Cellar/go/1.4.2/libexec/pkg/tool/darwin_amd64"
CC="clang"
GOGCCFLAGS="-fPIC -m64 -pthread -fno-caret-diagnostics -Qunused-arguments -fmessage-length=0 -fno-common"
CXX="clang++"
CGO_ENABLED="1"

brewgoをインストールした場合、GOROOTは /usr/local/Cellar/ 配下となります。

環境変数設定反映
.zshrc の場合
$ source .zshrc
.bash_profile の場合
$ source .bash_profile

GoClipseインストール

Eclipse の上部メニューの Help > Install New Software... クリック

Imgur

GoClipse Software Location設定

Imgur

GoClipse を選択しインストール
  • GoClipseにチェックを入れ Next >ボタンクリックでインストールを進めてください。

Imgur

  • Perspective に Go が表示されるようになります。

Imgur

GoClipse 各パス設定

Imgur

以上